不倫の相手とラブホ前で手をつないでいる場面

配偶者に浮気をしていることがバレたときは、慰謝料の支払いが発生することもあります。

向こうが証拠を押さえていたら、逃げおおせることはできないでしょう。

その場合、慰謝料の相場が分かれば気も楽ですが、引越代(60万程度)からその10倍くらいまでとかなりの違いがあります。

払える見込みが立たないときは、減額が可能かどうか相談してみるのもありでしょう。

浮気を証明する写真といったらやはり、不倫の相手とラブホ前で手をつないでいる場面につきるでしょう。

自力で写真を撮れないことはないでしょうが、肝心の画像が上手にとれないケースが非常に多いです。

裁判や慰謝料請求などで使えるレベルの写真を入手したいのだったら、探偵業者を利用する方が良いのではないでしょうか。

不倫の結果として生まれた子供でも認知請求することができるのをご存知でしょうか。

戸籍上の親の欄に名前が記載され、親として子供を育てたり養育費を払わなければなりません。

子供とその親にとっては大事な手続きでしょう。

認知ときいて浮気相手が逃げてしまった場合、裁判にまで発展するケースもあります。

そんなことになる前に関係を解消できなければ、今後の人生設計にかなりの不利益を被る危険性があります。

未成年の子がいて離婚する場合、不倫していた親のほうは子供の親権を取得するときに不利だと思われているみたいです。

ただ、それは思いこみ的なものも大きいように思えます。

裁判上の親権の判定では、子供と生活上きちんと接しているか(同居が前提)や、子供を育てることに協力的だったかどうかなどを考慮します。

調停委員が子供自身から意見を聞いたりもするように、どれだけ子供の生育環境としてふさわしいかが優先されると考えて良いでしょう。

不倫というのは一生続けられるものではありません。

浮気が露見した結果、家庭や交遊関係が滅茶苦茶になったとか、住宅ローンの精算や慰謝料などの問題に発展する場合も当然あるでしょう。

そうかと思えば、離婚後に不倫相手と再婚する例もないわけではありません。

金銭面や精神面などで、さんざん苦労しても、心の底から安心して幸せになるという到達点は、求めてもムダというものでしょう。

完全に配偶者の浮気をやめさせ、相手と手を切らせる方法としては、誰にでも明白な浮気の証拠を押さえておき、それを元に慰謝料請求するというのが最も効果的です。

一般的に不倫というと、つまみ食いを楽しむ感で、考えなしにやっているというパターンが多いです。

慰謝料を求めることにより、事態の深刻さを自覚させることができるでしょう。