手に負えない気がしたら弁護士に相談

義両親が子どもの面倒を見てくれるので、それならとバイトを始めたのですが、そこの店長さんと親しくなって、浮気してしまいました。

ずっと家庭から出ず、どっぷり主婦をやっていた私は用心が足りず、パートだけにしてはおかしいと、夫も早いうちに気づいたみたいで、あちらの奥様とこっそり談合され、先方は別居、私は離婚で慰謝料も支払う羽目になってしまったのでした。

パートナーが不倫していることに気づいたら、慰謝料の支払いを求めることができます。

もっとも、自分たちだけで話しあおうとすると、感情的な理由が根本にあるためか、横道にずれたり頓挫することも多いです。

ことによると裁判に発展する場合もあるため、手に負えない気がしたら弁護士に相談して、なるべく円満な解決を目指すというのも手です。

32歳の主婦です。

6つ年長の夫と子供たち(8歳、6歳)と、実家の二世帯住宅に暮らしています。

夫の浮気が判明するまでは普通の家族でした。

しかし先週、両方の家族同士で話し合った末、最終的に離婚という結論が出ました。

育児は私の親のサポートも得られますが、経済的には私が大黒柱となって育てていくわけです。

感情的にはもやもやが残りますが、離婚問題に詳しい弁護士に相談して間に入ってもらい、浮気相手への慰謝料の請求と、夫への慰謝料および養育費の請求だけは行い、公正証書という形で残しました。

当人たちからすればリフレッシュやお遊びでも、妻からすると人生観さえ変えかねない恐怖を感じるのが不倫です。

信頼を裏切る浮気を好き放題にやらせておく理由はないはずです。

浮気の裏付けをとる方法はやはり一番にあげられるのはスマホ(携帯電話)でしょう。

メール、フリーメール、LINEその他のSNSなどで連絡を取り合っている可能性は高いです。

法的な判断材料となる不倫の証拠がければ、離婚や慰謝料請求の裁判では、苦戦を強いられるでしょう。

なぜなら、裁判所で浮気の事実を認めないということも、起こりうるからなんですね。

そこで物を言うのが、浮気の事実を立証できる証拠の存在です。

証拠がなければ慰謝料も出ませんし、勘違いで離婚なんていうのは本意ではないはず。

だからこそ、裏付け調査を探偵に依頼しておくべきです。

不倫の証拠を掴むために探偵まで雇って、やっとのことで浮気相手と別れさせたのにも関わらず、ふとした拍子に再々繰り返す場合があります。

連絡せず遅い時間に帰宅することが増えたり、携帯電話を肌身離さず持つようになったりで、またあの不倫が始まったのかと相談に訪れる人も少なくないです。

もともと最初の浮気への対応が厳しさに欠けたことも要因なので、累積として一層厳格な処置が大事だと思います。

もし配偶者の浮気を見つけてしまっても、騒ぎ立てず、取り敢えずマズイ対応をしてしまわないためにも、気分を落ち着けて、いつもの自分を取り戻すよう努めましょう。

もしあなたが相手の不倫を赦すことができないなら、思い切って離婚ということもありますし、慰謝料といった問題も出てきます。

夫婦で話し合う時間を確保し、お互いにどんな問題があり、これからどうすべきか話し合うと良いでしょう。

社内恋愛が多いせいか社内不倫も少なくありません。

しかし、もしバレても、不倫はプライベートな行為のため、セクハラでもないかぎり安易にクビにすることが無理でしょう。

ただ、職場の規則やパートの契約書などの、社内の秩序や風紀をみだす畏れという線から考えれば、懲戒対象とも思われます。

せいぜい上司から注意される程度で、厳しいお咎めはなしで済んでしまうことのほうが多いでしょう。

大事な家庭に不倫という影を感じるようになったら、なにがなんでも探偵を頼むのではなく、料金の発生しない無料相談を活用するというのもありだと思います。

家庭を揺るがしかねない状況に心を痛めている時に、信頼できるかどうかもわからない会社に極めてプライベートな調査を依頼するのは、不安になるなというほうが無理でしょう。

そうした心配を解消するために、まず相談だけしてみて、誠実そうなところを選べばよいのです。

浮気していることがわかっていても、ガードが堅い場合、自分の手で浮気の裏付けを取るというのは簡単なことではありません。

しかしきちんとした証拠を握っていれば、不倫関係を解消させるとか、離婚するとかにしても何かと便利に使えるでしょう。

浮気相手がいることが分かったら、裏付け調査を探偵に頼むと良いでしょう。

ある程度、費用は必要ですが、浮気相手と出かけているときの写真等、あきらかな証拠が得られるでしょう。

性別にかかわらず不倫している人は、鬱状態に陥りやすいようです。

共通する点といえば、常時精神的な負担があるということです。

既婚者同士の不倫や、どちらかが結婚している場合、精神的な疲労や不信感、無力感などを抱きやすくなるのは当然で、その結果、精神面や体の不調として出てきます。

そして、裏切られた配偶者もまた、ウツになりやすいと言えるでしょう。