浮気調査の費用を節約する方法

浮気調査を探偵に依頼しても、100%成功することはあり得ないのです。

うまく行かなかったときの報酬についても、調査を始める前に探偵と依頼者で決めておくことがポイントです。

日頃、相手の行動の様子を注意しながらみることはだれにも頼まずにできることですが、浮気の事実を決定づける証拠を押さえるためには、やはり、しっかりノウハウを持ったプロの探偵に頼んだ方が失敗がありません。

それに、探偵にお願いすれば、浮気に関する証拠が手に入る、ということにとどまらず、豊富な経験に裏付けされたアドバイスをもらえる、という付加価値もあるのです。

浮気調査の費用を節約する方法は、自分でできる範囲までは事前に調査を済ましておくようにしましょう。

調査というと引いてしまいがちですが、難しく考える必要はありません。

パートナーの行動を毎日記録するようにすればいいのです。

毎日、仕事に出る時間、帰宅した時間、だれかと電話をしているようなら、掛ってきた時間と通話していた時間も記録しておきましょう。

浮気調査は自分ではしない方がいい理由があります。

それはカッとなってしまう場合があるのです。

どんな人でも、自分の知らない伴侶の顔をみてしまうと刃傷沙汰に発展してしまう場合が多く報告されています。

無事に解決するためにも、何よりも、証拠を入手するために、専門家である探偵に依頼するべきでしょう。

尾行代金の設定が時間単位で行われている場合、探偵の尾行時間が短い方が、費用が少なく済みます。

したがって、尾行依頼を探偵にするとすれば、日頃のパートナーの行動パターンを理解しようと観察することが大切です。

そこで一番おかしな行動をする時間帯や曜日に追跡をお願いすると、探偵のほうも手間が省け、どちらにもメリットがあります。

不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、ケースによっては400万円くらいのこともあります。

実は、離婚しなくても慰謝料の請求はできますが、額は少なくなります。

さらに、不倫相手の方が不倫を認めない時には必要なのは証拠です。

第三者からみてもはっきりとした不倫の証拠が必要です。

探偵が浮気調査を行う時でも失敗することがないことはないのです。

探偵は浮気調査において精通しているとはいうものの、成功しないことが全くないことは全くありません。

パートナーが急に車を使ったり、電車に乗ったり、尾行がばれることもあるでしょう。

それか、浮気調査期間中に不倫している相手に関わらない場合には証拠を掴みきれません。

探偵をバイトでしている人のいる場合があるんです。

探偵をするアルバイトを検索してみると、なんと求人の情報があるのです。

というわけで、探偵事務所がバイトとして採用することもたくさんあるわけです。

浮気の調査をお願いする場合には、個人情報がないと調査のしようがないですよね。

アルバイトだと不意に放り投げることもあるかもしれないですし、知ってしまった事柄を他の人に話す可能性だってあります。

浮気調査に必要な期間は、平均では一週間以内です。

とはいっても、これはあくまで平均がそれぐらいだという話です。

浮気を疑っているパートナーがとても用心深かったりすると、1週間から1カ月くらい調査期間が必要になることがあると思っていてください。

一方で、浮気するだろうという日が特定済みの場合は、1日だけで浮気調査が終わってしまうこともあります。

あなたが浮気の調査をしなくてはならない時がきたら、どれだけの人が調査に加わっているのかというと、調査内容により、さまざまではありますが、行う場合が多いです。

浮気が現実であると判明したら、もう一度計画を練り直して調査の方法や人数などを決定します。

格好をチェックすることで浮気の証拠を見つけられます。

浮気をしている人に、分かりやすく現れるのは身なりの変容です。

それまではお洒落には興味がなかったのに、いきなり服装に関心を持ったのであれば慎重に見ておく必要があるでしょう。

浮気へと進展しそうな人がいたり、とっくに浮気のパートナーがいたりするかもしれません。

行動をメモしておくことで浮気の根拠を示せることもあります。

大抵、人の日々の動き方にはパターンが定まってくるものです。

しかし、浮気すると、そのパターンが揺らぎます。

変わった曜日や時間帯を決定づけることができたら、行動をしっかりと観察すると、浮気の根拠を示す目途がたちやすくなります。

浮気現場の日時がわかっていると、調査に必要な時間は少なくてよくなるので、それだけ調査費用が節約できるわけです。

しかし、浮気をしている日時が知っているにしても、見知っている人にお願いして証拠を撮ってきてもらうにしても、無駄足になることが多いでしょう。

知られずに証拠写真を手に入れるにはプロに任せるのが一番でしょう。

法律の中で、夫婦関係にある人が配偶者ではない人と性的関係になることを不貞と定めています。

ということは、法に従えば、肉体関係を持っていない場合には、一緒に時間を過ごしていたとしても、不倫ではありません。

個人では肉体関係の証拠をつかむのは難しいですが、探偵や興信所に調査を依頼してみることができます。

ケータイの通話履歴から浮気の証拠が掴めるのです。

携帯電話は浮気相手との連絡手段としてごく自然に使われるからです。

最近ではメールや、LINEなどのアプリを通じて連絡をことも多くなったとはいえ、好意を持つ相手の声を聞きたくなるのは当たり前です。

ですから、空き時間に電話することは十分考えられますね。