あなたの結婚相手が不倫をしていた場合

もし、あなたの結婚相手が不倫をしていた場合、あなたはその配偶者と不倫相手に慰謝料を請求することが出来ます。

しかし、あなたの夫または妻が不倫する前から、一緒に住んでいる意味が無いくらいに、二人の間に亀裂があったと認められる場合、慰謝料を求めることが難しいでしょう。

慰謝料の金額というのは、どのくらいの精神的苦痛があったか、夫婦の歳、結婚年数など総合的に判断して裁判官の決定を待つことになります。

不倫問題を相談したいと考えるなら弁護士に相談するのがオススメです。

離婚したいと思うのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと思うのかをまず考えてから相談するといいでしょう。

また、不倫の証拠を掴みたいときには、探偵事務所や興信所に相談してください。

相談者が女性の場合、近所の奥さんや友人に相談してしまう人もかなり多いですが、近所の噂のタネになりたくない時は、絶対にいけません。

浮気調査は自分ではしない方がいい理由があります。

それは頭に血がのぼってしまうおそれがあります。

貴方自身が大丈夫だと信じていても、裏切られたことをいざ実感してしまうと刃傷沙汰に発展してしまう場合がこれまでに多くありました。

スムーズに物事を進めるためにも本来の目的を達成するためにも、専門家である探偵に依頼するべきでしょう。

探偵の浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。

実費とは具体的には交通費やフイルムや現像料などをいいますが、調査員の食事代が足されるケースもあるでしょう。

時間給は、人数×時間で費用が算出されます。

短時間で調査を完了すると支払いも安くすみます。

浮気調査で肝要なのは、浮気しているという確かな証拠を入手する事です。

浮気しているか否かが不明瞭な場合はひとまず、依頼主に調査続行の意思を確認することとなります。

証拠が揃い、浮気が間違いなくなったならば、次は不倫相手を調査となります。

主にパートナーの尾行を中心として、あるいは張り込んだり等、貴方の知らないところでパートナーが逢い引きしている人物を証拠として押さえるのです。

動き方を書き留めておくことで浮気を実証できる場合もあるのです。

日々の人間の行動には、ほぼ習慣ができます。

けれども、浮気をすると、決まったパターンが崩れます。

変わった時間帯や曜日が決定づけることができたら、動き方をよく見ていると、浮気の根拠を示す目途がたちやすくなります。

わけもわからず自分で動き回るよりは、浮気調査は経験豊富な探偵に頼んだほうがいいでしょう。

探偵にお願いすると、浮気の証拠をちゃんとつかんでくれます。