浮気の事実を認めようとしなかったら


自分が浮気の証拠をつかもうと調べてみても、浮気の事実はすぐに出てくると思います。

だからといって、パートナーを責めてみても、浮気の事実を認めようとしなかったら、有利な条件での離婚はできないでしょう。

そのためにも確実な証拠が絶対に必要なのです。

探偵を依頼することで浮気の証拠が掴めます。

配偶者が浮気をしているのではないかという疑いをもった場合、とにかく自分で証拠を集めようとします。

しかしながら浮気の証拠を自力で集めようと思っても、自分の行動が相手に見つかってしまう可能性は低くないでしょう。

その原因はズバリ、顔がばれてしまっているからです。

カーナビにより浮気の事実を証明できます。

カーナビにある履歴を確認し、相手と車でデートし、浮気した場所を見つけられるのです。

あまり見たことのないところの履歴があった場合、注意が必要です。

そして、何度ももしもガソリンが入れられていたら、車によりデートしていることがあります。

領収書やクレジットカードから浮気を確定することもできるかもしれません。

まず、普段は利用しないようなコンビニの領収書をほぼ毎回見ることが多くなったら、いつもその近くに赴いている事になります。

その場所で監視していると、運がよければ浮気の瞬間をとらえることが出来るかもしれません。

妻又は夫が浮気していることが明らかになっても別れたくなければ浮気現場を押さえようとすることはするべきではありません。

浮気していることを指摘された結果、相方が、ひどく感情的になってしまい、元の関係に戻ることができなくなってしまうこともあります。

また、浮気相手と接触してしまうと、精神的に追い詰められてしまうかもしれません。

探偵について、その特徴を考えると、怪しむ人のないようにきめ細かく配慮しながらいわば地道な調査方法を取りますが、興信所が依頼されるのは身辺調査や企業調査が多いので、自分の目的を話して公然と調査を行うことが多いです。

そういうわけで、個人の行動を調べるには探偵が向いており、一方、興信所は情報を集めることが上手だと考えることができます。

不幸な事に、パートナーが貴方を裏切り、貴方が慰謝料を望むのであれば、相手のことは、ちゃんと知っておかないといけない訳ですし、不倫関係が継続している事を、形として掴まなければなりません。

しかし、調査のプロである探偵に依頼したら、不倫の証拠をプロならではの手段と方法で、貴方に届けてくれますし、適切な形で裁判にでも通用するように、用意してくれるでしょう。